失業保険とバイトについて

失業保険というのは、失業中の生活を保障するためのものです。したがって、失業中にある一定の収入を得ている人には、基本的に給付は認められないということになります。かといって、失業中にバイト等でまったく稼いではいけないというわけでもありません。というのも、就労したとみなされない仕事であるならば、失業中であるということはいわば担保されるため、保険の給付を受けることができるのです。
具体的には一週間の労働時間が二十時間を超えないという場合にのみ認められるようになっています。すなわち、バイトをしても構わないのですが、労働時間には気を付けなければいけないということです。労働時間が二十時間を超えてしまうと、就労したとみなされてしまうので、給付金を受け取ることができないという事態が生じてしまいかねません。
また、失業保険の給付期間中はおよそ一か月に一回ごとに失業認定申告書を提出することが義務付けられています。その申告書にうその記載をしてしまうと、給付が打ち切られてしまうだけでなく、最悪の場合それまで受給した金額を返還しなければいけなくなることもあるので、特に注意が必要です。うその記載とは、つまりバイトによる収入があるにもかかわらず、その申告をしなかったというようなケースです。前述のような規定を守っている限り、多少の収入を得ても給付が打ち切られてしまうということはないので、しっかりと申告するようにしましょう。